工場勤務

工場勤務にパワハラが多い3つの理由とは【閉鎖的でコミュニケーション少ない】

工場で働いていて、パワハラがある職場に悩んでいる人向けです

この記事では、工場勤務にパワハラが多い理由について、解説します。

工場勤務というと、どのようなイメージを思い浮かべるでしょうか。

多くの人は、暗くてネガティブな雰囲気を想像する人が多いかと思います。

実際のところは、工場によってピンキリですが、負のオーラで満ちていて、パワハラが多い職場がたくさんあります。

先に結論を言うと、工場勤務にパワハラが多い理由は、以下の3つです。

  • 社会常識が通らない職場
  • 仕事内容の不満を部下にぶつける上司の存在
  • 社員間のコミュニケーションが少ない

工場という場所は、さまざまな社会階層の人々が入り混じって、同じ環境で働くところです。

社会常識が通らなかったり、コミュニケーションが少ないことが原因で、パワハラに発展するケースが多いですね。

本記事では、工場勤務にパワハラが多い3つの理由について、それぞれくわしく解説していきます。

工場勤務にパワハラが多い3つの理由とは【閉鎖的でコミュニケーション少ない】

社会常識が通らない職場

初めて工場で働く人は、働く人の多様性に驚くと思います。

中卒から大学院卒までいまして、まともな人もいれば、かなりおかしな人もいますね

そのため、今まで培ってきた社会常識は、通用することがなくて、職場を辞めていく人が多いです。

工場でパワハラをする人は、世間の常識を見て見ぬふりをして、悪いことをしている自覚がありません。

社会的評価が低い不満を部下にぶつける上司

工場で要求される仕事は、ほとんどが誰でもできるものです。

単純作業が多く、頭をそれほど使う場面がないため、どうしても社会的評価が低くなります。

それを自覚しつつ、仕事をする上司は、満たされない自尊心を埋め合わせるために、愚痴や不満を部下にぶつけます。

コミュニケーション能力が低いパワハラ上司

工場には、コミュニケーション能力が低い人が集まる傾向があります。

なぜなら、機械と同じような単純作業を繰り返すことだけが求められ、コミュ力が必要となる場面が少ないためです。

逆にある程度会話ができてしまうと、仕事中のおしゃべりが増えたり、労働組合を作り、団結して会社に交渉しようとする人々が増えてしまいます。

そのため、経営陣の中には、陰キャラでコミュニケーション能力が低い社員だけ採用する会社も存在します。

コミュ力が低いパワハラ上司は、完全年功序列のレールの上に乗っているだけの人でして、会社の外で活躍できるスキルを持ちません。

そのため、パワハラ上司は、自分の仕事が奪われないように、部下に仕事を教えなかったり、無視をすることが多いですね。

【こんな記事も読まれています】

【底辺】工場勤務あるあるまとめ10選!!【飽きる】 – みんなの本音.com

【頭おかしい】工場勤務に変わりものが多い3つの理由 – みんなの本音.com