工場勤務

工場で働く人に性格が悪い人が多い3つの理由とは!?【底辺の集団】

工場で働いていて、性格が悪い人と関わることでストレスを抱えている方向けです

この記事では、工場勤務の人に根暗で性格が悪い人が多い理由について解説していきます。

工場勤務は、3K(キツイ、危険、汚い)と呼ばれるように、離職率が高い職業です。

さらに人間関係も悪い職場もあり、人の精神を殺していく労働環境であることが多いです。

本記事を読むことで、工場に性格が悪い人が多い理由から、人間関係のストレスを低減させる方法まで分かります。

【厳選】工場勤務者にオススメの転職先3選

工場で働く人に性格が悪い人が多い3つの理由とは!?【底辺の集団】

f:id:cgef:20190202214825j:image

工場に長く勤める人の性格が悪い理由は、以下のとおりです。

  • 単純作業で向上心を根こそぎ奪い取られているため
  • 仕事がキツくまともな人からやめていくため
  • 出世できないことが確定しているため

失礼な人間が多いのは、上記のとおりです。

人間性を破壊する単純作業を続けることで、いやらしく醜い性格の持ち主になっていきます。

それぞれの詳しい理由については、以下からどうぞ。

単純作業で向上心を根こそぎ奪い取られているため

工場で求められることは、単純作業がほとんどでして、1カ月あれば覚えることがほとんどです。

自らのアイデアを必要とされる場面がなくて、一度ルーティーンを覚えてしまったら、頭を働かせなくても仕事をこなしていけます。

そのため、工場で勤務をする人間は、どれだけ意識が高い人物であっても、1カ月くらいで向上心が根こそぎ消えていきます。

工場で働く人は、スキルを積み上げていくという意識が低いですね。

向上心を失った人間は、前向きに人生を歩んでいる人間を見ると、足を引っ張りたくなります。

工場の空間では、ネガティブな方向への同調圧力が支配しているのです。

仕事がキツくまともな人からやめていくため

工場の現場作業は、昔と変わらずキツくて危険で汚い仕事です。

そのため、まともな判断ができる人であれば、数年働いたのちに転職していきます。

例えば建設業界も3Kですが、残業代がしっかり支払われるため、バリバリ稼ぎたい人には向いています。

一方で工場勤務は、仕事内容が3Kにも関わらず、低賃金がスタンダードです。

さらに、将来的にも給料の伸びしろはかなり低いです。

労働条件が悪いにも関わらず、在職し続ける人は、他社に転職できる能力がなく、会社にしがみつくしかない低レベルな人材といえます。

ルーティーンを積み重ねただけでは、転職するときにマーケットから評価される材料が1つもありません。

今の会社に不満を持ちながらも、同じ場所で働いていくしかないため、ゆがんだコンプレックスを持つ社員が増えていくのです。

【厳選】工場勤務者にオススメの転職先3選

スキルが身につかなかったら転職を考えるべき

f:id:cgef:20190202214917j:image

単純作業を繰り返して、給料が手に入るのは非常にラッキーともいえます。

とはいえ、日々のルーティーンは徐々に精神を蝕んでいき、最終的に何もできない大人になっていきます。

人生80年時代と言われるように、キャリアについても長い時間軸で判断することが必要になってきました。

工場で仕事を頑張っても、市場価値を高めることは不可能でして、時間とお金を交換しているだけですね。

社員の目が死んでいて、工場全体から殺伐とした雰囲気が出ているならば、早急に転職して職場環境を変えることをオススメします。

工場勤務が辛いなら転職サイトに登録しておくべき理由

工場勤務の人で日々の仕事が辛い人は、いま転職する気がなくても、転職サイトに登録しておいたほうがよいです。

なぜなら、ストレスと疲労が限界に達してしまうと、職サイトに登録する気力すらなくなるためです。

気になる求人をストックしておくだけでも、【転職という選択】が出来て、過労で倒れる前に転職という手が打てるようになります。

求人サイトは、登録無料。あなたの条件にあった新規求人や転職可能なおすすめ求人がメールで届くから、今は転職できなくても登録しておくべきです。

優良な求人情報が集まる転職サイトのおすすめは、こちらからどうぞ。

  • リクナビNEXT 最大手だけあって、求人検索が使いやすいです。加えて、スカウトメール機能により、登録しておくだけで企業からオファーが届きます。
    マイペースに求人情報だけチェックしたい人におすすめです。