玉掛け技能講習

玉掛け技能講習の実技試験に落ちる人の特徴

玉掛け技能講習の実技試験

この記事では、国家資格である玉掛け技能講習の実技試験に落ちる人の特徴をお伝えします。

資格を取得するためには、筆記試験と実技試験の両方に合格する必要があります。

筆記試験は、授業を聞いていれば講師がテスト問題のヒントをたくさん出してくれます。

そのため、眠気に耐えて授業をしっかり聞いていれば簡単に合格できる試験です。

仮に点数が足らなくてもよほど悪い点を取っていない限りは、再試験のチャンスもあるので恐れる必要はありません。

しかし、実技試験は実際の仕事でダイレクトに関わることなので、落ちる人は容赦なく落とされていきます。

実際の人数でいえば、全体の3%程度の人が落ちていきます。

落ちたら受験料を全額払い直して再受験が必要となります。

そこで、一回で合格するために注意すべきポイントを整理しました。

それでは玉かけ技能講習に落ちる人の特徴と、合格するために気を付けることについて詳しくお伝えしていきます。

www.hatanomi.com

玉掛け技能講習の実技試験に落ちる人の特徴

声が小さい

実技を採点する人によって大きく変わるのですが、講師の中には声が小さい人を嫌う人がいます。

講師の方は、もともと建設業界や自衛隊にいた人が多いため、体育会系的な雰囲気があります。

そのような人だった場合は、他の動作がしっかりできていても全体的に評価が下がっていきます。

そのため、気恥ずかしいかもしれませんが、合図をする際は腹の底からしっかり声を出すことを意識すると良いです。

緊張のしすぎ

不合格になる人のほとんどは、必要以上に緊張してしまう人です。

知らない人の目線に晒されながら様々な合図をしていくため、頭が真っ白になってしまい、合図を間違ってしまうのです。

一番やってはいけない間違いは、モノを吊ろうとしたときに「退避せよ」の合図を忘れてしまうことです。

かなり大幅な減点となるため、他に1、2か所小さなミスがあれば試験に落ちる可能性が高まります。

そのため、大幅な減点ポイントによく気を付けて、仮にパニックになったら思い切って深呼吸しましょう。

スムーズに指示や合図ができるのがベストですが、一呼吸するくらいの間が空いても減点対象とはなりません。

合図を理解していない

実技試験では、さまざまなチェックをするポイントがあります。

チェックのし忘れは減点となりますが、合図の意味をよく理解しておけば本番でも忘れるのを避けれます。

練習ではうまくいっていた人が、本番で何か所かミスをするケースは非常に多いです。

そのような人は、合図の意味をなんとなくしか理解しておらず、本番の緊張感の中で忘れてしまいます。

そのため、ただやみくもに大きな声を出して、指差し確認をするのではなく、合図をする意味を理解しながら練習するべきです。

失敗から切り替えができない

本番の実技試験に入るまでに、3回程度の練習時間があります。

練習時間において講師によっては、あえてキツめに指導されるケースがあります。

あまりにひどいと不快な気持ちも感じますが、講師は緊張感を作り出してしっかり覚えてもらおうとしているだけで、心から怒っているわけではありません。

そのため、きつい言葉を浴びせられたとしても、次に繋げていく気持ちで切り替えていけばOKです。

キツイ言葉をそのまま真に受けてしまうと、自信がなくなってしまい先ほどまでできたことさえ、スムーズに行えなくなります。

集中するべきことに集中していけば、数回練習するうちに身体で覚えられます。

一緒に組んでいる人が悪い

実技試験は、受講生が3人1組とクレーンを運転する試験官の計4人で実施されていきます。

3人一組なのは、フックにワイヤロープを玉掛けする人が二人いるためです。

落ちるケースがある場合、3人いる一組のなかで二人が不合格するケースが非常に多いです。

理由は2つありまして、他の受講生の前でメンバーが長い時間講師から説教を受けるため、緊張とストレスからテストの内容を忘れてしまうことがあるためです。

また、一緒のメンバーの出来があまりにも悪い場合は、講師が心から怒っていることもあります。

その状態で採点されると、講師の気分によっては次の受講生の評価も厳しくなっていきます。

どのメンバーと組むのかは、完全に運によって決まってきます。

そのため、飲み込みが下手な人と一緒になった場合は、赤の他人が怒られていると割り切り、講師の発言を過度に気にしないようにすればOKです。

受講態度が悪い

玉掛け技能講習は、基本的に落とす試験ではなく、受講者全員を受からせることを前提としています。

実技試験本番では、大きなミスが二つ以上あると不合格になってしまいます。

しかし、一つのミスは大きな減点となりますが、見逃されるケースがほとんどです。

ただし、受講態度がよく前向きに資格取得に取り組んでいる姿勢を見せている受講者に限ります。

講習に遅刻をしたり、必要なものを持ってこなかった人には、評価が厳しめになります。

あくまで講師のタイプによりますが、ギリギリのラインは、好き嫌いで判断される可能性が高くなります。

講師に目をつけられないように、悪目立ちする行動をとらないことが得策といえます。

玉掛けについて何も知らない

玉掛けについて事前知識が何もないと、実技試験本番で失敗しやすくなります。

講習に来ている人の多くは、会社で一度くらい触ったことがあるため、何も知らないと大きく出遅れることになります。

そのため、会社で知識がある人に聞いてみるとよいです。

また、お願いして触る機会を持てそうであれば、積極的にチャンスを作るべきです。

たった一度でも触っておけば、講習の内容が頭に入りやすくなりますし、大きな緊張感を持つことがなくなります。

会社からの強制で受けに来ている人

会社によっては、業務上で使うことがほとんどないにも関わらず、社員に玉掛けの資格を取ることを求めるとこがあります。

その人たちは、仕事で必ず必要となるために講習に来ている人と比較して、モチベーションが低めです。

嫌々受けにきて真剣に講習を受ける気がない人は、試験に落ちやすくなるといえます。

なぜなら、講習の内容は比較的簡単な内容であるとはいえ、しっかり集中しないと頭に入らないためです。

最も落ちやすい人は、会社の新入社員で資格について何も知らない状態で試験を受けにくる人達です。

適当に講義を聞いて、実技の練習も言われたとおりにやっていて受け身の姿勢は、あまりよくありません。

主体的になることが大事です。

甘い考えを持っていると、試験本番で全てが抜け落ちていき、再試験なしの不合格となる可能性が高まっていくのです。

【2018・2019】玉掛け技能講習に必要な持ち物【忘れ物厳禁】 – 途中待機.com

まとめ

  • 講師には体育会系が多いため、小さな声はかなりのマイナスとなる
  • 必要以上に緊張して頭が真っ白になったときは、深呼吸してリセットする
  • 合図の意味をよく理解していないと、本番の緊張感で忘れてしまう
  • ペアになる人の失敗にまどわされずに、トラブルがあっても自分のテストに集中し続ける
  • 遅刻や忘れ物に気をつけて、悪目立ちしないようにする
  • 玉掛けについて知っている人がいれば、事前に話を聞いておく
  • 会社から強制的に取らされている人でも、真剣に講習に取り組む

www.hatanomi.com

 

www.hatanomi.com