イケメン・美人

イケメンや美女に視線恐怖症が多い3つの理由とは!?

この記事では、イケメンや美女に視線恐怖症が多い理由を解説しています。

視線恐怖症というワードを聞くと、顔や身体にコンプレックスを持つ人がなりやすいイメージがあります。

症状を持つ人は、人の目を怖いと感じて、直接相手の目を見ることができなかったり、視線がぎこちなくなります。

実は、この症状にかかる人の特徴として、イケメンや美女が意外に多いことが挙げられます。

彼らの多くは、モテまくることと引き換えに意外な苦しみを抱えているのです。

人の視線を意識しすぎてしまうのはオーラのせいかもしれません。

人には、それぞれ異なるオーラがあり、日々変化しています。

自分が不細工かもしれないとマイナスに感じている人は、もしかしたら悪いオーラが出ている可能性が考えられます。

【LINEトーク占い】では、あなたの現在のオーラの色から悩みの種まで診断してくれて、改善する方法を導いてくれます。

【今なら10分間無料で鑑定】できるため、有料になる前に一度試してみませんか。

イケメンや美女に視線恐怖症が多い3つの理由とは!?

美男美女は減点方式

f:id:cgef:20181114092448j:image

別世界にいると感じさせる美男美女は、実際にかなり高いレベルで美容、身体に気を使っています。

なぜなら、彼らは幼いころから周囲からの視線を常に感じており、自分の見せ方をよく理解しているためです。

さらに、外見を磨くメリットを実体験で誰よりも分かっています。

一方で、一度マイナスのイメージがつくと、それに引きずられやすい宿命を抱えることになります。

加点要素があっても、実際のイメージに大きな加点はありません。

彼らは、顔面偏差値が高いことにより、様々な能力を底上げして期待されているためです。

仮に、イケメンや美女に鼻毛が出ていたら、負のダメージはかなり大きくなります。

高い所に上がるほど、つまづいた時の怪我は大きくなるため、減点される可能性があるイベントを内心恐れています。

そして、引きずり降ろそうとする周囲の悪意ある目線をきっかけに、視線恐怖症となってしまい、内向的な性格となってしまう人が多いです。

繊細なイケメンや美女は、失敗に対するリカバリーに苦しんでいるのです。

www.hatanomi.com

他人のイメージとのギャップ

f:id:cgef:20181114084721j:image

イケメンや美女は、実際に面接や試験に通過しやすく、裁判でも無罪判定を勝ち取る確率が高くなります。

この現象は、ハロー(後光)効果として説明されます。

人間は、一つの面が優れていたら、その他についても同様に優れていると評価する傾向があります。

彼らは、周囲からの期待と自身が持つセルフイメージとのギャップに苦しむことになります。

能力があれば周囲の期待に応えていくことができますが、元々あまり頭が良くなかったり運動神経が悪いと、自己イメージをしっかり持つことに苦労します。

その結果、他人の理想像とのギャップに苦しむ中で、視線恐怖症になってしまうことがあります。

彼らの最大の悲劇は、美男美女の絶対数は少ないため、周囲に同じ悩みを相談できる相手がいないことです。

ハロー効果の例—ブッシュ大統領の政策

代表的なハロー効果の例として、9.11テロ前後のブッシュ大統領の経済政策が挙げられます。

テロ対策の関連法案を可決したあと、彼の外交政策は評価され支持率が上がりましたが、それとは関係がない経済政策についても支持率が急激に上がったのです。

一つ秀でているものがあれば、全体的に優れていると評価して、他の要素の期待値も上げるのが人間の心理です。

異性の攻撃的な視線

f:id:cgef:20181114092529j:image

一目ぼれをされるのは、イケメン、美女の特権といえます。

自分が好きな異性が、彼らに好意を寄せる瞬間を見て、人生は不公平、理不尽だと感じる人は多いと思います。

そのようなシーンを攻撃的な性格の人が見ると、好きだった異性ではなく、彼らに直接怒りをぶつけるようになります。

また、コミュニティー内で一番モテていた人が、突然の美男美女の登場により序列が変化しそうな時に、排除しようと動くケースも多いです。

彼らは、普通の人より人間の恐ろしい負の側面を見る機会が多くあります。

彼らに良い性格の持ち主が多いのは、人間を様々な角度から見る目が、実経験によって養われていることによるものです。

外見が良いメリットと引き換えに、周囲と仲良くやっていきたいだけなのに、関係ない人間から悪意のまなざしを集めてしまいます。

度重なる人間関係のトラブルを経験して、目立つのを避けるようになり、視線恐怖症になってしまう残念ケースが非常に多いです。

www.hatanomi.com