工場勤務

工場勤務をストレスに感じる人の3つの特徴とは【職場の悩み】

工場で働いていて、職場の環境にストレスを感じている人向けです

この記事では、工場に勤めていて日常的にストレスをためている人の特徴について解説します。

本記事を読むことで、職場でストレスを感じる理由について理解でき、工場で働き続けても幸せになれない理由が分かります。

どのような職場であっても向き不向きはありまして、適性がない仕事を続けると、メンタルの調子が悪化していきます。

www.hatanomi.com

本記事の内容
  • 工場勤務をストレスに感じる理由
  • 工場で働いても幸せになれないシンプルな理由

工場勤務をストレスに感じる人の3つの特徴とは【職場の悩み】

f:id:cgef:20190114102712j:image

工場で働いていて、毎日の仕事に疲れ切っている人の特徴は、以下の通りです。

  • 単純作業で気が狂いそうになる
  • 仕事量をコントロールできないことにイラつく
  • 向上心がある

それぞれの詳しい解説は、以下からどうぞ。

単純作業で気が狂いそうになる

工場の仕事は同じことの繰り返しがほとんどでして、一度慣れてしまうと、頭を使わないで業務をこなしていくことができます。

単純作業を繰り返すことが全く苦痛に感じない人もいますね。

一方で、半日も続けることができない人もいまして、心を殺して勤務することになります。

自分のアイデアを反映させたり、新しいことにチャレンジしたい人は、工場で働き続けると心がすり減っていきます。

新しい挑戦をしないで与えられたことだけをやっていると、何もできない大人になっていき、いつまでだっても給料が上がらない人材になるのです。

自分で考える必要がないことは、非常に楽ではありますが、歳をとるほど選択肢が狭まり、人生が苦しくなっていきます。

体力があるうちに一生もののスキルを身に付けないと、老後に悲惨な人生を送ることになるのです。

仕事量をコントロールできないことにイラつく

工場における製造の仕事は、営業職とは異なり自分で納期や仕事の量をコントロールできませんね。

仕事におけるストレスの原因は、業務内容ではなく「仕事量を調整できる権限があるか」によって決まります。

他部署のミスや、納期が短くなることのしわ寄せが、製造に全て降りかかってきてしまいますね。

工場で働き続けるということは、他人の仕事の能力不足に一生苦しむことを受け入れることでもあるのです。

向上心がある

工場で働いていると、外部の人とコミュニケーションをとる機会が少なくなるため、自分の社会的地位がはっきり分からなくなります。

学生時代の同期と集まって話をする時に、他の人の職場環境がうらやましくなる人もいますね。

「隣の芝生は青い」という言葉があるように、人の環境は実際以上に良く見えることがあります。

とはいえ、工場で働いている人を観察すると、向上心がなくさえない大人が多いことに気づきます。

閉ざされた環境にいると現実を直視しなくてすむため、ある意味では幸せな状態ともいえます。

しかしぬるい環境に甘え続けることは、人生を好転させるチャンスが一生落ちてこないことを受け入れることでもあるのです。

工場で働いても幸せになれないシンプルな理由

f:id:cgef:20190114102736j:image

工場の評価制度は、年功序列が根強く残っていることがほとんどです。

そのため工場で働いても、給料はほとんど上がらず、いつまでたっても生活水準を上げることができません

資本主義における勤め人の給料は、「労働力の再生産」と定義されます。

簡単に説明すると、毎月口座に振り込まれるお金は、「明日も元気に会社へ行くためのごはんを食べるお金」なのです。

経営陣は従業員に対して、モチベーションを上げるために、さまざまな甘い言葉を投げ掛けます。

とはいえ、彼らが一番熱心に考えていることは、従業員の生活状況を見極め、会社を辞めないギリギリのラインを狙って給料を決めることなのです。

生活を良くしようと仕事を頑張っても、ほんのちょっぴり給料が上がり続けるだけでして、リッチな幸せな状態になることはできません。

www.hatanomi.com

www.hatanomi.com