視線恐怖症

【即効性アリ】脇見恐怖症の症状を抑える4つの対策【集中力の上昇】

f:id:cgef:20190113195051j:image

脇見恐怖症の症状に苦しんでいて、他人がいる方向へ勝手に視線が向かない方法を知りたい人向けです

 

この記事では、脇見恐怖症の症状を抑える方法について解説しています。

 

自分の視線をコントロールできずに他人を意識する状態は、目の前のことに集中できていない状況ともいえます。

 

そのため、集中力を高めることが症状を和らげることにつながり、自分の視線の方向を気にしないで生活していく方法になります。

【克服可能】脇見恐怖症が一生治らないという話は嘘です【体験談】 – 途中待機.com

【即効性アリ】脇見恐怖症の症状を抑える3つの方法【集中力の上昇】

f:id:cgef:20190113195120j:image

脇見恐怖症の症状を一時的に抑える方法は、以下の通りです。

 

  • 『忘れる』ことを意識する
  • やや激しめの運動をする
  • 睡眠をしっかりとる
  • 薬を服用する

 

上記の方法は、散らかっている意識を目の前の出来事に集中させることに焦点を当てています。

 

詳しい理由については、以下からどうぞ。

『忘れる』ことを意識する

脇見恐怖症の症状は、考えれば考えるほどひどくなります。

 

哲学者のニーチェの著作に、「深淵を覗くとき、深淵もまたこちらを覗いているのだ」という一節があります。

 

「なぜ自分の視線をコントロールできないのか」という疑問を追求するのは、出口がない迷路をさまようことと同じです。

 

迷路に迷いこみさまよい続けると、自分がどの場所にいるのか分からなくなり、入り口さえ見えなくなります。

 

視線にとらわれそうになったら、その意識を感じている自分を徹底的に忘れようとする努力が必要です。

 

ここで重要なポイントなのが、ずっと意識しないという目標を立てるのではなく、毎日、連続して意識しないということを頭に置くことです。

 

長期的な目標は、人間の意思を弱めて、達成不可能なものにする可能性を高めます。

 

今日、今、この瞬間を、視線にとらわれ続けないと意識することが、脇見恐怖症の地獄から抜け出す唯一の方法となります。

少し激しい運動をする

運動をすることは、脇見恐怖症の症状を抑えるのにとても役立ちます。

 

少し強めの運動をすることで心拍数が上がると、多くのことを同時に考えることがなくなります。

 

イメージ的には、脳に供給する酸素の量を減らして、認知能力を少し下げることに近いです。

 

運動の負荷の目安としては、ジョギングを10分する程度です。

 

運動する時間がないのであれば、筋トレやスクワットをするだけでもオーケーです。

 

少し息が上がるくらいの負荷をかけるのがポイントです。

 

瞑想やヨガをするのも非常に有効ですが、意識を集中させる意味では難易度が高いので、まず運動の習慣を取り入れることをオススメします。

 

運動しないで症状の回復を願うのは、あえてはっきり言うと、少し甘えた考えです。

睡眠をしっかりとる

f:id:cgef:20190113195215j:image

睡眠の質は、日中の集中力に大きく影響を与えます。

 

良質な眠りを取らなければ、注意力が散漫になり、視界の隅にあるものへ視線が向くようになります。

 

十分な睡眠をとると、頭の中がクリアになり、目の前のことに集中しやすくなります。

 

集中力が散った状態は、もう一度眠ることでしか改善しません。

 

脇見恐怖症に苦しむ人は、寝る前にスマホを触るのを止めて、早め早めに眠りへ入る努力をするべきです。

薬を服用する

運動を行い、十分な睡眠をとっても症状が改善しない場合は、精神安定剤を服用するのもアリかなと考えます。

 

脇見恐怖症に悩む人は、アスペルガー症候群(ADHD)のケースが非常に多いです。

 

ADHDは脳の器質的な問題ですので、根本的な解決方法がありません。

 

脇見をしてしまうと、そのたびに罪悪感を感じますし、視線を浴びた他人も迷惑に思います。

 

自分の中で膨れあがる罪悪感は、自己肯定感を根本から喪失させますし、最悪のケースでは自殺に至ることもあります。

 

地獄のような負のループに入る前に、薬を必要に応じて服用して、視線についてのトラウマを経験しないようにするのも必要です。

www.hatanomi.com

www.hatanomi.com

www.hatanomi.com