視線恐怖症

脇見恐怖症により職場で過ごすのが辛い人が転職を考えるべき理由

脇見恐怖症の人が転職

職場で脇見恐怖症に苦しんでいて、同じ環境で働き続けることに、不安を感じている人向けです。

この記事では、仕事場で脇見の症状が表れてしまい、日々ストレスを抱えている人が、転職を視野に入れたほうがよい理由を解説します。

脇見恐怖症と一番相性が悪い職場は、デスクワークの仕事ですね。

デスクの場所が隅だったり、パーテーションで区切られていたら良いですが、そうでなければ、地獄のような時間を過ごすことになります。

本記事では、症状がデスクワークの仕事でひどくなる理由から、一時的に収入を下げてでも、職場環境を変えるべき理由まで解説します。

www.hatanomi.com

脇見恐怖症により職場で過ごすのが辛い人が転職を考えるべき理由

f:id:cgef:20190123233708j:image

仕事場で脇見をしてしまい苦しんでいる人が、転職を考えるべき理由は、以下のとおりです。

  • 脇見しやすい環境に長くいると確実に症状が悪化していく
  • 職場の人に迷惑をかけてチームワークを乱すことになる
  • 集中して業務に取り組めないので会社からの評価も期待できない

上記について、理由をくわしく解説していきます。

脇見しやすい環境に長くいると確実にゆっくり症状が悪化していく

脇見してしまうことを恐れながら仕事をすると、しだいに症状が悪化していきます。

脇見恐怖症の特徴は、気にすればするほど、余計に気になることです。

職場環境を変えないかぎり、同じ職場の人に対して、脇見をすることが習慣化してしまいます。

半年くらい特定の人に脇見を続けてしまうと、気にならなくなる状態まで、回復できなくなります。

迷惑をかけないためにも、治りそうにないと感じたら、職場環境を変えることを真剣に考え始めるべきです。

職場の人に迷惑をかけ続けてチームワークを乱すことになる

脇見恐怖症の人の視線は、「強い」とった特徴があります。

視線が敏感な人は、遠くからでも脇見をする人の視線に気づき、ストレスを抱えています。

日本人は和を重んじるため、同じ職場の人に直接指摘できる人は少ないです。

そのため、自分の視線が迷惑をかけているか気付きにくいといえます。

一緒に働いている人に、視線を敏感に感じ取る人がいる場合は、余計なストレスを与えてしまっていることをしっかり自覚すべきです。

集中して業務に取り組めないので会社からの評価も期待できない

脇見恐怖症の人は、職場で自分の能力をフルに発揮できないと思います。

なぜなら、脇見をしてしまう他人が近くにいると、気が散ってしまい、目の前のことに集中していくことができないためです。

自分の視線や他人からどう見られているかを意識してしまうと、まともな仕事ができないと思います。

一時的に年収を下げても環境にこだわった転職を考えるべき

f:id:cgef:20190123233603j:image

脇見恐怖症は、デスクワークを続けることで確実に症状が悪化していきます。

他人に迷惑をかけ続けてしまい、自己嫌悪におちいり、恥の多い人生を送ることになってしまいますね。

最悪のケースでは、自己肯定感がどん底まで落ちて、重いうつ病になることもあります。

人生は長いので、一旦仕事を休み、脇見の症状が表れにくい職場を探してみてもよいかなと思います。

控えめに言っても、脇見をしてしまう状態は、精神的苦痛が大きすぎます。

これまで頑張った自分を褒めつつ、少し休んだら、新しい職場を探す準備に取り掛かりましょう。

【下記にオススメな転職エージェントと求人サイトをまとめておきました】

視線恐怖症の人にオススメなサイト