ライフスタイル

【反面教師】働かないおじさんにストレスをためない4つの考え方

職場の働かないおじさんにストレスを抱えている人向けです

この記事では、職場の悩みのひとつである「働かないおじさん問題」を、ノーストレスで乗り越えていく方法について解説します。

結論を先に言うと、次の4つの考え方を取り入れることで、イライラの程度を抑えることができます。

  • 話を一度真剣に聞いてみる
  • 話を全力でスルーする
  • 別の側面を想像する
  • 反面教師と捉える

本記事では、上記の方法が有効な理由について、それぞれ解説していきます。

おじさんの話を一度真剣に聞いてみる

意外な解決策かもしれませんが、超真剣に話を聞いてみることで、対人関係のストレスが消えていくことがあります。

真剣に話を聞くことで、相手も自分の話に耳を傾けるようになり、コミュニケーションがスムーズになるのです。

働かないおじさんは、その中身の薄さゆえに人が集まらないため、話を真剣に聞いてくれる人を探しています。

とはいえ、人の話をしっかり聞くことは、意外と難しいことでして、相手が無能であればあるほど困難になります。

働かないおじさんであれば、なおのことです。

それでも、この問題に悩んでいるのであれば、一度全神経を耳に集中させて、相手の話を聞いてみるべきです。

その全力で聞く姿勢が、おじさんの心を一変さえ、仕事で協力を得られる可能性が高まります。

おじさんの話を全力でスルーする

反対に、おじさんの話を全く聞かないように徹底することで、ストレスから逃れる方法もあります。

「好きの反対は無関心」という言葉がありますね。

人間は相手に徹底的に無視されると、ストレスを感じる生き物です。

話を全く聞いていないというアピールをすることで、相手にストレスを感じさせ、自分との距離を遠ざけるのです。

働かないおじさんに対しては、「視界にすら入れない」くらいの気持ちで対応していくとよいでしょう。

おじさんの別の側面を想像する

職場のどれだけ嫌な人物でも、その人が独身であれ既婚であれ、帰る家がありプライベートな生活があります。

嫌いな人の別の側面を想像するのは、面倒であり、できれば避けたいことですね。

とはいえ、一度彼らの仕事以外の生活についても想像してみるべきです。

なぜなら、仕事でのくそみたいな態度は、私生活の崩壊が原因であることが多いためです。

また、仕事をしない理由には、過去に会社側が理不尽な対応をしたことがきっかけにあるかもしれません。

現在はさえないおっさんでも、仕事に情熱を燃やしていた時期は必ずあります。

共感能力を働かせて、相手を理解しようとすることで、対人ストレスが軽減することもありますよ。

反面教師と捉える

働かないおじさんに対して、「こうはなりたくない」と思える人は、健全な考えを持っているといえます。

反対に、「楽してお金もらえていいなあ、、私もこうなりたいな。。」とか思い始めたら、危機感を持つべきですね。

なぜなら、後者の場合は、おじさんにストレスをためる理由が、ある種の妬みの感情からきているためです。

うらやましいと思うほど、相手の存在がうっとおしくなり、頭痛の種が大きくなっていきます。

あくまで、「反面教師として存在してくれている」と捉えることで、不毛な時間も有効な時間へ変えていくことができます。

人間関係に悩んで足元が定まらないときは、一番ダメな人の反対の行動をとっていくだけで、人生が好転していきますよ。

www.hatanomi.com