工場勤務

【体験談】工場勤務が終わっている3つの理由を解説!!【人生の墓場です】

工場で働くことを考えていたり、すでに工場勤務をしていて、職場環境が終わってるな。。と感じている人向けです

この記事では、工場で働き続けることで、底辺におちていく可能性が高まる理由を解説します。

工場勤務には、どんなイメージがあるでしょうか。

単純作業だったり、職場の雰囲気が暗かったりなどのマイナスなイメージを持つ人が多いかと思います。

実際のところ、ほとんどの職場では、世間のネガティブなイメージ通りでして、息が詰まるような労働環境です。

働く人のほとんどが、特別なスキルを持っておらず、知能もかなり低い人が多いです。

他に金を稼ぐ手段がないため、不満を持ちながら、仕方なく工場で働くことを選んでいます。

本記事では、筆者の体験談から、工場勤務が人生の墓場である理由を解説していきます。

【体験談】工場勤務が終わっている3つの理由を解説!!【人生の墓場です】

工場勤務が人生の墓場となる理由は、以下のとおりです。

  • 単純作業のため給料が上がらない
  • 社会の底辺の吹き溜まり
  • 危険すぎる職場環境

工場で働き続けても、心をすり減らしてお金だけもらう人生になります。

価値があるスキルを積み上げていくことが出来ません。

上記の理由について、以下から解説していきます。

単純作業のため給料が上がらない

工場で働き続けても、給料はほとんど上がりません。

なぜなら、求められる能力は、誰にでもできる単純作業であるためです。

工場での仕事は、誰かがインフルエンザで休んでも、すぐに代わりの人がカバーできるように、細分化されています。

単純作業がさらに細分化されているのです。

代わりの人材がどこにでもいるため、会社側の考えとしては、従業員の給料を上げる理由がないのです。

社会の底辺の吹き溜まり

工場で働く人は、さまざまな社会階層の人がいます。

職場によっては、大学院を卒業した人から、中卒や高卒の現場職の人まで存在しますね。

その中でも、特に中卒や高卒の人に多いのですが、パチンコや風俗の話しかできない人達がいます。

なぜ社会の底辺の人たちが、工場という職場に集まってくるのでしょうか。

その答えは非常に簡単です。

会社の経営陣は、安い労働力で雇えて単純作業だけできる人材を求めているからです。

また頭が悪い人達のほうが、飴とムチによってコントロールしやすいため、あえて底辺の層を雇用していく経営者も存在します。

危険すぎる職場環境

工場の職場環境は、場所によってピンキリです。

特に地方の中小企業は、設備の定期点検やメンテナンスなどの面において、かなりずさんな管理をしています。

誰も責任を取りたくないため、野放しになっているケースがほとんどです。

誰かが怪我をしてから、急いで保守・点検をすることを始める事業所が多いですね。