工場勤務

【厳選】工場勤務者にオススメの転職先3選

工場で働いているけれど、職場がブラックでつらい人向けです。

工場勤務者の悩みは、人によってさまざま。

『工場の雰囲気に耐えられない』
『仕事にやりがいがなくて、休みや給料日だけを楽しみに生きてきた』
『うだつが上がらない生活が続き、将来に大きな不安がある』

暗い雰囲気に耐えられず、単純作業に飽きてしまった人は、心を殺して仕事をしています。

給料もなかなか上がらないため、うだつが上がらない生活が続いており、将来への不安が大きくなる人も。

転職を考えようとしても、新しい一歩を踏み出す勇気がなくて、仕方なく今の仕事を続けている人が多いです。

そこで本記事では、今の工場勤務に限界を感じている方に対して、オススメの転職先から、向いている仕事が分からない場合の対処法まで解説していきます。

工場勤務者にオススメの転職先3選

工場勤務者にオススメの転職先は、大きく分けると3つの選択肢があります。

  • 公務員
  • 製造業以外
  • 別の工場

世の中には本当にさまざまな仕事があります。

そして、人手不足の今の時代では、昔と比較すると、別の仕事へ容易に転職することができます。

とはいえ、工場勤務者が他の職場に転職しやすいのは、アラサーになるまでです。
若ければ若いほど、可能性が広がっているため、転職の決断は早いほど良いです。

以下から、工場勤務者のオススメの転職先について、厳選した3つをそれぞれくわしく解説していきます。

公務員

簡単に説明すると、公務員には初級・中級・上級とあって、高卒の人でも初級であれば受けることができます。

ド安定で、年収が高く、社会的地位が高いため、人気の職業です。

公務員試験に合格するために、勉強をする必要があります。

とはいえ、地方自治体によっては、実際の試験の難易度はそこまで高くないこともあるため、テストが苦手でなければトライしてみるべきです。

ただし、30歳以上になると採用試験を受けることができなくなるため、早め早めの行動が必要になります。

厳密に言うと、現実的なタイミリミットは、28歳までと考えて良いです。

営業職やデスクワークなど製造業以外への転職

営業職やデスクワークの職場へ転職すれば、交代勤務、残業や夜勤がなくなりますし、機械で怪我をするリスクから逃れることができます。

また、油汚れで手が汚くなったり、汗だくで仕事したりする肉体労働から解放されます。

さらに、ヤンキー上がりのパワハラ上司や、コミュニケーション能力が低い人間とサヨナラできるため、人生を180度変えていくことができます。

とはいえ、工場で働いている人は、デスクワークの仕事ができるか不安に感じやすいのが本音です。

結論から言うと、20代で仕事を覚える気力さえあれば、転職自体は楽にできます。

経営者の多くは、20代なら仕事を覚えるのが早いため、入社してから研修して教えれば良いと考えているためです。

さらに、年収を上げやすい会社が多いため、転職することで今よりも生活レベルを上げていくことができます。

別の工場

『勉強は苦手だし公務員試験に受かる気がしない。。』
『デスクワークは興味あるけど、工場でしか働いたことないし失敗したくない』

と考える20代の工場勤務に人は多いです。

現在の職場にどのような不満を持っているかによりますが、別の工場に転職する選択も十分にあります。
別の工場に転職することで、収入・休み・仕事内容・残業時間・有給の取りやすさ・人間関係がガラリと変わります。

例えば、夜勤や残業が嫌な人は、休みが多い会社を選ぶと仕事のストレスから解放されます。

収入を上げて休みを少なくするのは、スキルがある人にしか難しいことです。

しかし、収入を少し下げても良いから、休みを多くするための転職は、比較的簡単です。

向いている仕事が分からない場合は

工場でずっと働き続けてきた人は、向いている仕事が分からない悩みを抱えやすいです。

特に工場勤務者は、会社の外側の人との接点が少ないため、なおのことです。

あたらしい仕事場を探す上で、不安覚えるのは、誰でも同じことです。

向いている仕事が分からない人は、全く違う仕事で働いている人の話を聞いてみることで、視野を広げてみるとよいです。

とはいえ、人に仕事の悩みを相談しにくかったり、手っ取り早く最新の情報を知りたい人は、転職エージェントに相談するとよいです。

転職のプロに相談することで、実際に転職するかどうかは別にして、モヤモヤした気持ちをスッキリさせることができます。

若いほど良い条件で転職する可能性が高まる

やりたくない工場の仕事を続け、自分の本当の実力を発揮できていない人は多いです。

しかしながら、転職して働く場所を変えさえすれば、活躍できる可能性があります。

多くの人が一歩を踏み出せないのは、見栄や恐怖があるためです。

仕事は本来、辛いだけのものではありません。

運が悪くて、今の工場に勤めてしまっているから、辛いだけなのです。

仕事を楽しむことは、選ばれた人にしか許される特権ではありません。
転職は、若いほどよい条件で転職できる可能性が高まります。

現在は、完全に売り手市場であるため、若いだけで宝物のように扱われるんですよね。

悩んでいる内に、アラサーに近づいてしまったら、転職先が限られるので、今すぐ行動しましょう。

職探しといえばハローワークですが、売り手市場で転職する人が多いため、「無料」で利用できる転職サービスがたくさんあります。

転職サイトは、求人情報をPCやスマホからチェックできます。

転職エージェントはプロの転職アドバイザーが、求人の探し方・履歴書の書き方・面接のコツ・転職後の年収アップ交渉などを手伝ってくれます。

『求人だけ眺めてみたい』という興味本位レベルの人は、転職サイトの

リクナビNEXT

『すぐにでも職場を変えたい!転職活動を引っ張って欲しい』という人は、

リクルートエージェントがおすすめです。

この2つは、業界最大手のリクルートが運営しているサービスでして、求人数が一番豊富でエージェントの質も非常に高いです。
無料で利用できますので、いますぐ登録しておきましょう。

「また今度でいいや~」と思って年を取ってしまうと、転職の可能性がかなり限られてしまいますので。