飛蚊症

飛蚊症のつらい症状は目の酸化を防ぐ食生活で改善

飛蚊症の改善には活性酸素が鍵

この記事では、飛蚊症の症状の原因となる活性酸素の発生を防ぐ簡単な生活習慣を紹介します。

そして、抗酸化物を積極的に摂取することで、症状を改善させていく方法についてもお伝えしていきます。

飛蚊症の黒い影には、とても悩まされますよね。

この症状のキツイところは、なかなかつらい気持ちに共感してもらえず、目の老化現象と判断されるため治療の対象とならないことです。

最近の先端医療では、目の濁りを物理的に除去するレーザー手術が広く普及してきましたが、その効果には疑問の声が多いのが現状です。

筆者も2つの眼科医院にてレーザー手術を受けた経験がありますが、やはりその効果は十分に満足できるものではありませんでした。

飛蚊症の濁りは、目の老化現象が原因であるため、基本的に年齢を重ねるごとに酷くなっていきます。

そのため、日常生活に症状をこれ以上悪化させない生活スタイルを取り入れることが必要になります。

十分な睡眠をとることは、症状を和らげる上で非常に重要なことでして、大前提となる対策となります。

ここを外してしまうと、どのような新しい習慣を取り入れたとしても、症状の改善を期待できないのでオススメしません。

十分な睡眠の次に重要なことは、目の酸化を防ぐ食生活を意識することです。

目の酸化を防ぐためには、ルテインやゼアキサンチンなどの抗酸化物質を積極的にとることが大事でして、症状の悪化を抑えることが可能となります。

それでは、目の活性酸素の発生を抑えることと、抗酸化物質でつらい症状を防ぐ食生活の改善についてお伝えしていきます。

【こんな記事も読まれています】▽

【治し方】飛蚊症に効く食べ物とは|視界をクリアにする栄養素を紹介

【厳選】飛蚊症改善に本当に効果がある商品まとめ

 目の活性酸素の原因

f:id:cgef:20180913231320j:plain

酸化とは、一般的に鉄がさびて茶色になったり、切ったリンゴの切り口の部分が茶色に変色するようなことを指します。

活性酸素とは、通常の酸素とは少し異なる構造をもつ分子でして、強力な酸化力を持つため目の組織を変化させてしまうものです。

発生の原因には、主に次の4つの理由があります

1.大量の紫外線を浴びる

2.タバコの煙を吸い込む

3.化学物質が体内に入り込む

4.大量のアルコールを摂取する

上記が活性酸素の主な発生要因になります。

2と4については、意識すれば比較的簡単に習慣に取り入れることができます。

アルコールの摂取が症状に多大な悪影響を与えることは、下記の記事でも紹介しています。

www.hatanomi.com

悪化を防ぐためには、十分な睡眠をとることが必要になりますが、アルコールを摂取すると深い眠りにつくことができません。

そのため、症状に悩まされず集中して取り組みたい用事がある日の前日は、お酒を控えて早めに眠りにつくことが重要になってきます。

抗酸化物質で活性酸素の発生を防ぐ

f:id:cgef:20180913231344j:image

抗酸化作用のある成分は、亜鉛やビタミンA、C、Eとカロテノイドが代表的です。

・亜鉛

効果⇒活性酸素を除去する働きをもつ酵素の構成成分になります。

食べ物の種類⇒カキやウニ、ウナギ、牛肉や豚レバーに豊富に含まれています。

・ビタミンA、C、E

効果⇒活性酸素を安定させ酸化力を弱める。

食べ物の種類⇒野菜や果物にはビタミンCと体内でビタミンAに変わるβカロテンが豊富です。

ビタミンEは、魚介類やナッツに多く含まれています。

・カロテノイド

効果⇒ビタミン群と同じく活性酸素を安定させる働きがあります。

食べ物の種類⇒野菜や果物の鮮やかな彩りをつくっている色素成分です。

カロテノイドの仲間には、緑黄色野菜に豊富なβカロテン、ルテインがあります。

日常生活を送るうえで、帽子やサングラスをしても太陽の紫外線を十分に避けることは難しいです。

眼球は常に活性酸素の影響を受けているため、毎日の生活習慣に上記の栄養素を取り入れることで、目の酸化を防いでいきましょう。

飛蚊症以外にも、白内障や加齢黄斑変性症などの年齢の重なりが大きく影響する目の病気が起こりやすくなります。

目の栄養学はバランスが基本

ビタミンBとビタミンCは、目にとって特別な栄養素です。

特にビタミンBは、脂肪の代謝を助け、動脈硬化を予防する働きがあります。

疲れ目によっておこる充血の解消や、視力の維持に役立ちます。

また、タンパク質の代謝を助け免疫機能を高めるため、眼精疲労や目の炎症を予防することができます。

ビタミンCは、肌や髪質の美しさを保つ栄養素として知られていますが、目にも良い働きがあります。

不足してしまうと、水晶体の濁りが進みやすくなります。

水晶体を若々しく透明に保ち、白内障を防ぐためには、十分に食事から採る必要があります。

食事からは、コマツナやブロッコリーかんきつ類などに多く含まれています。

飛蚊症を改善するルテイン

飛蚊症に効く食べ物は、ルテインとブルーベリーです。

ルテインは、野菜に含まれる「カロテノイド」と呼ばれる栄養素の一種でして、抗酸化作用を持ちます。

眼球の中でも水晶体にたくさんあり、不足することで白内障の原因にもなります。

さらに、網膜の黄斑部にもルテインが含まれており、欠けてしまうとさまざまな目の病気の原因となります。

またルテインは、飛蚊症が悪化する原因となる活性酸素の活動を抑えたり、紫外線から目の老化を防ぐ働きがあります。

大切な栄養素であるルテインは、人間の体内では作り出すことができないため、野菜やサプリメントから摂取する必要があります。

しかし、野菜に含まれるルテインは微量ですので、サプリメントから摂取したほうが効率的といえるでしょう。

特に網膜の黄斑部に含まれるルテイン、抗酸化ビタミンと亜鉛との組み合わせなどは、飛蚊症の症状悪化に効果がある報告があります。

【こんな記事も読まれています】

【治し方】飛蚊症に効く食べ物とは|視界をクリアにする栄養素を紹介
【厳選】飛蚊症改善に本当に効果がある商品まとめ

視力低下を防ぐことが大切

飛蚊症の原因としては、活性酸素のほかに視力が低下することがあります。

なぜなら、目が悪くなると眼球の前後の距離が伸びて、それに引っ張られるようにして、硝子体にシワができるためです。

硝子体のシワは、飛蚊症の原因となります。

視力低下を放置すると、シワが次々と増えていき、結合してより大きなシワへと変わってしまいます。

そのため、目に良い食事を採ることを心がけて、視力低下を防ぐことが大切なことになります。

逆に視力低下を防ぐことさえできれば、飛蚊症が目立たない位置に移動して、視界から消えてなくなることも期待できます。

誤解しているひとが多いですが、飛蚊症は絶対に治らない症状ではありません。

硝子体におけるシワの位置が、ほんの少しでもズレたら、視界がクリアになるのです。

 今が最良の状態

f:id:cgef:20180913231403j:image

眼球は、他の体の器官と同じく日々老化が進み、景色の見え方も変わっていきます。

今現在が一番良い状態と考えるのが正しくて、老化のスピードをどれだけ遅らせることができるかがポイントになってきます。

目の見え方は、その日の睡眠時間や部屋の明るさなどのコンディションに影響されるため、日々の努力がはっきりとわかる形で表れてくるのはごくまれです。

それでも重度飛蚊症の筆者は、遊ぶ時間を減らして睡眠を7時間以上取るように心がけました。

そして、目に良い栄養素を選りすぐり摂取する生活を過ごすことで、症状が劇的に改善しました。

実際に効果を感じたのは、半年を過ぎた期間ぐらいでして、完全に習慣化することができた1年後に黒い影がかなり薄くなりました。

何も対策をしないままですと、飛蚊症はさらに悪化して人生がシンプルに破壊されていきます。

確実に症状が進行するという残酷な事実を冷静に受け止める覚悟が必要になります。

十分な睡眠とルテインに代表される栄養素を摂取して、目の活性酸素の発生を抑えることによって症状の悪化を防ぐことが可能となります。